.:FXトレンド:.

規制をどう見る

FXの日本での規制は2010年ごろから始まりました。投機性の高さが問題となっていたので、まず金融庁はレバレッジというてこの原理を使って行う取引にメスを入れたのです。

これによりそれまでは資金の200倍ほどの額を取引することが出たのですが、最大でも25倍までという決まり、これがいわゆる規制ですね、これができました。

しかし頭の良い日本人トレーダーは海外業者に的を絞って国境を越えてFX取引をしています。

海外業者であっても日本語サポートが付いているところが多く、日本の業者と同じような環境で投資をすることができるので、すごい時代になりました。。。

.:FXと規制の環境

FX初心者の方が最初に決めておくことは、どういったやり方で投資をするのか、どのくらいの資金で始めるのか、止め時はだいたいどうするか、と言ったスタイルを決めておくことなのです。

これを最初に決めておく理由は、取引方法・投資期間・資金、それぞれを自分の身の丈に合ったスタイルにしておかないと、長続きはせず、すぐに市場から退いてしまうことになりかねません。

いつの時代も、自分に合ったやり方を構築した人が最終的には長続きするのです。次に、あなたはなぜFXをするのでしょう。やるからには儲けを出すことが第一です。

ですが、実際問題として、それほど儲かっていない人が多いようです。ということで、最初はこうした「儲からないやり方」の方法をしっかりと勉強していくことで、自分なりの投資スタイルを作れることにつながっていきます。
 


取引をする方法を決め、「これ以外の方法では投資をしない」ぐらいまでの自分のルールを決めておくことで、儲からないやり方からは一歩も二歩も遠ざかるでしょう。

■デイトレード
デイトレードという言葉はここ数年、インターネットでの株式取引が主流になってきたことを受け、非常に一般化してきた言葉です。

デイトレードというのは、一日単位で勝負するやり方であり、当日中の決済を行い、何度も取引を行う取引方法を指します。バイナリーオプション 比較をすればすぐに分かりますが、デイトレよりもっと短期の決済を可能としています。

指標が発表されるタイミングに合わせて大きく稼ぐ人もいれば、負けてしまう人もいるので、慎重に取引をする人もいます。

この方法の良いところは、ポジション保持の時間が短いことです。FXを始めて間もない頃は、相場が気になって仕方がない人がたくさんいます。

寝ている間に上がったらどうしようとか、そういったことばかりを考えてしまうのです。ある意味、在宅ワーカーと同じなので、そのバランス決めをどうするかということが重要です。海外バイナリーオプションを併用することでこのバランスにさらに深みをつけることができるようにもなります。

「この時間以降は睡眠に充てるから絶対に相場はチェックしない」などといった自分なりのルール決めが大事なのです。

■スイングトレード
スイングトレードとは、1、2週間の間隔で取引を行う人のことを言います。デイトレーダーは常にパソコンの前に座っていなければならず、これが合っていない人はできません。

なので、スイングトレードをする人は週末にポジションを閉じる程度の取引をすることを指しますので、休日をきちんと過ごすことができます。この方法ができるFXはハイロー・オーストラリアが有名です。


■長期スワップを狙う
これは老後の資金に充てたいとか、円のみを所持するのはどうも不安だという人に向いています。

トレンドに左右されずにスワップポイントを受け取ることができるポジションを保有(レバレッジをかけないで)し、じょじょに資産を増やしていくタイプです。


■スキャルピング
これは、数秒から数分という、まさに刹那の間隔を狙って利益を獲得しに行くタイプです。このタイプは特に海外バイナリーfx情報が人気があります。

これで大きなマイナスになることはほとんどありませんが、高い集中力と判断力は相当なレベルのものが要求されるので、できる人は限られます。