.:お小遣い副業:.

規制をどう見る

FXの日本での規制は2010年ごろから始まりました。投機性の高さが問題となっていたので、まず金融庁はレバレッジというてこの原理を使って行う取引にメスを入れたのです。

これによりそれまでは資金の200倍ほどの額を取引することが出たのですが、最大でも25倍までという決まり、これがいわゆる規制ですね、これができました。

しかし頭の良い日本人トレーダーは海外業者に的を絞って国境を越えてFX取引をしています。

海外業者であっても日本語サポートが付いているところが多く、日本の業者と同じような環境で投資をすることができるので、すごい時代になりました。。。

.:FXと規制の環境

FXで失敗する人
FXとは全ての人が勝てるものでは当然ありません、つまり成功する人もいますが、失敗する人も多くいます。総じて言えることは、他のことと同じように、しっかりと勉強している人の成功率が高いと言えます。

逆にギャンブル的にとらえている人は、要は勘に頼っているために、失敗する確率は高いといえるでしょう。

また始めてからすぐに利益を挙げられないひとも多くいます。それはある意味しようがないことです。ここではFXを始めとした副業で失敗する例をいくつか挙げてみましょう。もっと詳しくはfxbeing.comからチェックしましょう。

思いつきで始める人
人の話や雑誌の記事などの影響を受けて、とつぜん株やFXを始めてしまう人です。特にそういう話を鵜呑みにして、簡単に誰でも儲かると考え、ろくに事前準備もせずに始める人は、危険です。事実全体的に見ても、多くの人は負けているのです。

しかし人や雑誌は、成功した話しかせずに、失敗した話はほとんどしない傾向があります。

そして現実を直視できずに、少額投資のつもりが、自己資金がなくなるまでやってしまう人も少なからずいます。そういう方々には他のプロ級トレーダーをコピーして取引ができる業者のetoroがぴったりと言えます。一般人が株やFXで大きく儲けているのは、ごく一握りで、大半の人は少額の儲けかトントン、そしてそれ以外に多くの人が負けているということを忘れないようにしましょう。

そして大きく狙うのではなく、小さくコツコツとおこなうことが大切です。常に世間のニュースに注目し、勉強することも大切です。

 



のめり込み過ぎてしまう人
のめり込み過ぎて、寝る間も惜しんで株やFXに時間を費やしてしまう人も要注意です。そういうタイプの人のほとんどは、別にそこまでやって、お金を稼がなくてはいけないのかというと、そうでもありません。確かにそれだけ時間をかければ、利益が出るかもしれません。

しかしその利益が本当に、費やした時間に合っているのか、また他の例えば本業の仕事などに悪い影響を与えていないかを考える必要があります。人は健康が第一です。

土日関係なく、寝る間も惜しんで働いても、それが原因で病気になって入院でもしたら、そうやって苦労して稼いだ金額は吹っ飛んでしまうかもしれません。もし本業に支障が出たら、マイナスになるかもしれないのです。

確かに、楽して儲けようとというのと正反対のその姿勢は、立派なものです。しかしそこまで頑張れるのであれば、もう少し効率的に儲けることにも頑張りましょう。長く続ければ、それだけ儲けは大きくなるのです。

商材を購入する人
儲かりますといった商材を購入する人も危ないです。そのほとんどは、詐欺まがい、あるいは詐欺と言っても過言ではありません。

もし誰かが本当に儲かる方法を見つけても、そんなことは人には教えません。それは有料であっても同じです。騙されてはいけません。

考えすぎてしまう人
考えすぎてしまう人も、失敗する傾向にあります。考えることは悪いことではありません。

しかし考えすぎて何もできなくなっては、結局はチャンスを逃すことになります。失敗も勉強のうちだと割り切れる方が、成功する確率は高くなります。経験は何事にも代えがたいものだからです。

FXや株への投資を、副業と考えるのか、趣味の一環と考えるのかで大きく変わってきますが、その両者で共通しているのは、儲けるというその目的です。海外企業ではXEマーケットが副業としては特集も組まれたりもしています。

また投資の経験を積むことによって、人間的にも一回り大きくなれるかもしれませんし、経済の勉強をすることで、世の中を見方が変わるかもしれません。

確かに投資で儲けることも大切ですが、お金だけでなく、人生経験も積んでいるんだと考えれば、また違ったスタンスで投資に取り組むことができるかも知れません。