.:税金:.

規制をどう見る

FXの日本での規制は2010年ごろから始まりました。投機性の高さが問題となっていたので、まず金融庁はレバレッジというてこの原理を使って行う取引にメスを入れたのです。

これによりそれまでは資金の200倍ほどの額を取引することが出たのですが、最大でも25倍までという決まり、これがいわゆる規制ですね、これができました。

しかし頭の良い日本人トレーダーは海外業者に的を絞って国境を越えてFX取引をしています。

海外業者であっても日本語サポートが付いているところが多く、日本の業者と同じような環境で投資をすることができるので、すごい時代になりました。。。

.:FXと規制の環境

FXの税金について

2012年からFXに関する税制が変更され、取引所取引と店頭取引が「申告分離課税」に統一されました。FXでも受けた利益は、確定申告を行ない税金を支払わなくてはなりません。FX攻略法はこのように勝つだけで終わりではありません。しっかり税金のことも最初から考えておかないといけません。

確定申告とは、その年1年間の所得と納税額、必要経費などを申告して納税額を確定させて、過払いなら返還、不足ならば納付して、精算することを言います。
 


確定申告は、例年2月16日~3月15日(3月15日が土日や祝日の場合には、翌平日)までに。現住所がある区市町村を管轄する税務署へ、書類などで届出ます。

・FXに係る利益

XEマーケットなどの海外FX取引などでさえも、課税の対象となるのは、その取引で得ることができた利益、つまり

■FXの利益=為替差損益±スワップポイント-必要経費

■CFDの利益=売買差損益±金利調整額±配当金調整額-必要経費
となります。

FXで得ることができる利益、あるいは損益は、通貨を売買して日々変動する為替の差で発生する為替差損益と、取引する二国間の金利差により発生するスワップポイントがあります。

またCFDの取引においては、投資した銘柄の値動きによって得た利益のことを売買差損益、取引に用いる売買代金の借入や、売却代金の貸付によって得られる損益のことを金利調整額、株価指数を対象にしたCFDなどで、ポジションを持ち越したことで発生する配当の相当額のことを配当金調整額と言います。

・FXに係る必要経費
FXの取引においても、必要経費は認められます。直接FXの取引にかかった経費が対象になり、主なものは売買手数料(消費税込み)になります。

またそれ以外にも、必要経費の対象になるものがあれば、一緒に申告します。

ここで問題のとなるのが、どこまで経費が認められているのかです。これには明確な規定が存在せず、また管轄の税務署や、その担当者によっても判断は違ってくることがあります。

それには、利益の何%までが、利益として認められるのかも含まれます。不明な点は、税務署や税理士などの専門家に相談するのが、一番確実な方法になります。さらに詳細は海外バイナリーFX情報してください。